読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ますメモ

おもに漫画について思ったことを書きます。本の感想もときどき。

大満足!恐竜と共生するファンタジー「竜の国のユタ」

おすすめ漫画

白亜紀恐竜奇譚 竜の国のユタ」(全8巻)と続編の「D-ZOIC」(全6巻)を読みました。

もう大大大満足です。私の中で今年一番の掘り出し物です。

白亜紀恐竜奇譚竜の国のユタ 1 (少年チャンピオン・コミックス)

白亜紀恐竜奇譚竜の国のユタ 1 (少年チャンピオン・コミックス)

 
DーZOIC 1 (少年チャンピオン・コミックス)

DーZOIC 1 (少年チャンピオン・コミックス)

 

 

読もうと思ったきっかけは先日紹介した「恐竜物語」

 恐竜愛あふれる漫画、「COMIC恐竜物語」 - ますメモ

 

チャンピオンコミックスを買うのは初めてです。完全にノーマークでした。どこかで話題になってました??

 

内容

舞台は白亜紀北米大陸。この時代は恐竜が大繁栄しているのですが、そこに人間も一緒に暮らしているという設定です。主人公の少年ユタが、自分が飼っている老齢のパキケファロサウルスと共に様々な困難を乗り越えてゆく話です。「D-ZOIC」は第二部という位置づけですが、主人公も同じだし年月の隔たりもほとんどないので続けて読むといいと思います。ファンタジーなのですが、ラストはSFっぽい展開になります。

恐竜の名前を10個くらい知っていればかなり楽しめますが、恐竜の豆知識満載なので、恐竜に詳しくなくても純粋に冒険漫画として楽しめます。

 

竜の国のユタ」のここがすばらしい

主人公

ユタは頼りなくておっちょこちょいなのですが、とっても優しい少年です。恐竜のことが大好きで、あるとき恐竜の考えていることがテレパシーのように分かってしまうことに気が付きます。闘うのが得意なのではなく、相手を思いやる気持ちで周りの人間や恐竜を惹きつけます。すごく魅力的な主人公です。

 

恐竜の設定がしっかりしている

「恐竜物語」よりもたくさんの恐竜が登場するのですが、架空の恐竜はいっさい出てきません。しかも植物食か肉食かや、同じ地域には同じ時代に生息していた恐竜しか登場させないなどのこだわりようがすごいです。また、恐竜の姿は図鑑に載っているそのままではなく、所先生独自の視点も盛り込まれています。このへんの裏設定は各話の間にある豆知識コーナーに書かれています。

 

恐竜の見せ方がかっこいい

物語の中では、恐竜は人間の家畜的存在でもあり、野生の動物でもあります。家畜として荷車をひいたりもするのですが、戦争になると装甲をつけてそこに人間が乗ります。馬みたいなものですかね。様々な恐竜があらゆる角度から描かれているところも良いし、トリケラトプス類のフリル部分に装飾が施されていたりするところもイイ。そういう見せ方来たか~とゾクゾクしました。

 

戦闘シーンはインフレを起こさない

ファンタジーって何でもありで、ドラゴンが登場するものはたいてい火を吐いたり飛んだりするのですが、この作品ではそういうことはいっさい起こりません。あえてそうしたようです。この恐竜ならこういう戦い方をするんじゃないかという考察の元で描かれています。面白い。

最近の漫画の戦闘シーンは人間が普通に空を飛ぶわ火の玉で攻撃するわで、さらにそれがどんどんエスカレートして留まることを知らないかのようです。そういうのって戦闘シーン自体はカッコイイんだけど、全然感動がないんですよね。はいはいどうせもっとすごい技を使うんでしょ、どうせ死んでないんでしょ、と少し冷めた目で見てしまいます。その点この作品は基本的に剣や槍で戦うので、剣が恐竜の上顎をつらぬくだけで興奮しちゃいます。

 

もっと描いて欲しかった

竜の国のユタ」「D-ZOIC」でトータル14巻なのですが、あっと言う間でした。しかも(所先生も書かれていますが)終盤がかなり駆け足なのがちょっと残念でした。最後にSFっぽい展開になるのですが、少し分かりにくかったのでまだちゃんと消化しきれてません。ただ、めちゃめちゃ面白い設定なのは確かです。

小学生の男の子はだいたい恐竜に興味を持つ時期があると思うので、この漫画をぜひ読んで欲しい。

 

入手困難

今回Amazone-honで取り寄せたのですが、14巻のうち3冊はどちらも新品は扱っておらず泣く泣く中古で手に入れました。しかし、全部新品が良かったなぁと思っていたら、中古で買ったもののうち1冊がなんとサイン本でした!しかもイラスト入り。これは嬉しい誤算でした。

 

次に読むのは「AL(アル)」

全4巻で、すでにhontoに注文済みなので明日あたり届くと思われます。楽しみ~

 

<追記>2014.10.22

ALが届くのを心待ちにしていたのですが、hontoから「入手不可」のメールが来ました。Kindle版は1冊280円とお得なのは知っているのですが、新品の紙版が欲しいのですよ!でも入手不可とのことなので、しょうがないのでAmazonマーケットプレイスで中古を注文しました。